Top > 葉酸サプリ > 妊娠しやすい体を作る食べ物とは?

妊娠しやすい体を作る食べ物とは?

妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素なんですよね。

 

普段の食事でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、食べ物から摂るのも困難な場合もあるでしょう。

 

無理な食事は体調を悪化させてしまいますから、食事は控えめにして、葉酸は葉酸サプリ等を利用すれば不足しがちな葉酸もちゃんと摂取できますし、栄養的にも問題ありません。このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として葉酸が注目されている事をご存知ですか?葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。

 

赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。

 

妊娠しやすい体を作る食べ物は、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。

 

ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。

 

母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、毎日の食事でとっていきたいものです。

 

また、栄養バランス良く偏らない食事にするのが理想的です。

 

一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は産後までは我慢したほうが良いですね。

 

http://dj8.biz/

葉酸サプリ

関連エントリー
妊娠しやすい体を作る食べ物とは?妊娠初期には不足しがちな栄養素とは?サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法です。